【特別公開】現役トレーダが伝えるFX相場の天底を予測するフィボナッチの使い方

FX相場は上昇するときに一方的に上昇することはありません。

ある程度上昇したら、必ず一定程度下げて、再度上昇します。

下降する場合も同じです。ジグザグに上下動を繰り返しながら、高値(山)、安値(谷)を作りながら、動いていくのです。

この相場の転換点(山、谷)を予測するのにフィボナッチがよく使われます

FX相場で利用するフィボナッチにはいくつか種類がありますが、トレードで圧倒的に役立つのはフィボナッチ・リトレースメントです。

リトレースメントとは、相場が全体的な方向性に反して逆方向に振れることを意味しており、フィボナッチリトレースメントは、相場が反転した際にフィボナッチ数列から導き出される「23・6%」「38・2%」「61・8%」「76・4%」といった数値が為替レートの抵抗帯や支持帯として働くことが多いことを利用したトレードツールです。

しかし、一般的な教科書に書いてあるフィボナッチの使い方では、一旦高値、安値を付けた相場が次に23.6%で反発するのか、38.2%で反発するのか、もしくは76.4%まで戻すのか、よく分からずトレードに生かせていない人が多いのではないでしょうか?

本サイトでは、現役トレーダーが使う相場の転換点を見つけ出すフィボナッチの使い方をご紹介します。

先入観を捨てて、新しいフィボナッチの使い方を勉強してみてください。

フィボナッチを利用した一般的なトレード方法

まずは、基礎知識としてフィボナッチを利用した一般的なトレード方法、教科書的に説明されている手法について説明します。

フィボナッチの使い方として一般的なのは高値から安値、安値から高値に引くと、「23・6%」「38・2%」「61・8%」「76・4%」の部分が抵抗となって反発しやすい、といった使い方だと思います。

どのサイトを見ても同じことが書いてあります。

しかし、この使い方だと勝てません。

横線がたくさんあって、結局、どこで反発するのか!?と混乱して売り買いしている間に資金が減っていしまいます。

次のチャートは安値(100%)から高値(0%)へフィボナッチ・リトレースメントを引いたものです。フィボの値が横線で示されており、その部分が抵抗帯になっていることは何となく確認できます。

※不思議に思われるかもしれませんが、フィボでは始点を100%として、終点を0%とします。知らないと始点が0%じゃないのかと思われると思いますので、補足しておきます。

上のチャートの時間軸を右側へずらしたものが下のチャートです。フィボの値が抵抗帯になっているといえばなっていますが、例えばフィボ23.6%を挟んで上下したりと使いにくさを感じてしまいます。

FX相場の転換点を予想するフィボナッチの使い方

相場の転換点を予測するにはフィボナッチの使い方を見直す必要があります。

フィボの値で反発するなら、例えば、チャートの高値、安値にフィボ61・8%を当てると100%の部分でも反発するのではないか?これが相場の天、底を見つけるための考え方です。

過去の高値、安値にフィボナッチを引くだけだと、過去の価格帯でしかトレードできませんが、上記のようにフィボ61.8%をチャートの直近の高値、安値に当てることで、フィボ100%の部分、つまり、未来の高値、安値を予測することができます

具体的なやり方を説明していきます。

上のチャートでは相場の始点(安値)にフィボ100%、続いてフィボ38.2%に反転後の高値を当てています。

すると、不思議なことにフィボ0%が次の高値になって反発します。

教科書のように高値、安値に0%、100%を当てなくてもいいんです。

フィボナッチ数例で値が反発するなら、直近高値に38.2%を当てると、価格が100%に達したときに反発するんじゃないかとの逆転の発想です。

何度も試していますが、これが大変よく機能します。

記事を読むだけではわかりにくいと思いますが、実例をいくつかご紹介しますので、ぜひご自身で試してみてください。

フィボナッチで相場の転換点を予測する例

先ほどのチャートですが、安値にフィボ100%、次の高値にフィボ38.2%を設定して、高値となるフィボ0%の位置を予測しています。この際に注目したいのがフィボ38.2%の部分がダブルトップになっていることです。単純な高値よりもダブルトップのような形になっている方がフィボ0%で反転する確率&精度が経験上、高いです。

続いてのチャートはポンド円、日足です。高値にフィボ100%、ダブルボトムとなっている安値部分にフィボ38.2%を当てると、最安値がフィボ0%となって相場が反転しています。

続いてのチャートは上記と同じポンド円、日足チャートです。今後、上に行くか、下に行くか分かりませんが、上に行く場合はフィボ0%である141.33円付近で反転下落する可能性が高いことが予測できます。

フィボナッチで転換点を予測するうえでの注意点

ここまでフィボナッチでFX相場の転換点を予測する事例を説明してきました。それほど難しくない簡単が手順で相場を予測できるので、ぜひ活用していただきたいのですが、本手法を使う上での注意点もあります。

どの時間足でも使える手法です。

この手法はどの時間足でも利用できます。1分足、5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足、チャートを選びません。但し、小さい時間足だとノイズが大きく、時間帯によってはブレが大きくなりますので、なるべく長い時間足で使ってみてください。

フィボの始点はなるべく大きな波に合わせてください。

フィボナッチを合わせるチャート上の波は大きい方がいいです。小さい波でも機能しますが、小さい波だと反発も小さいため、売買した際に獲得できる利益額が小さくなります。

大きい波を十分に待って、フィボナッチのターゲットに達した段階で売買するのがおすすめです。

この手法はポンド円でしか検証していません。

この手法はポンド円で検証を重ねています。その他の通貨は普段取引しないので、記事を書く際にドル円で確認しましたが、そのまま適用するとポンド円のようにドンピシャで反転はしないことを確認しました。少し工夫すると使えそうですが、この記事の手法のまま適用するのは難しいので、他の通貨で利用する方は検証してみてください。

自分独自の手法を確立できると、相場を勝ち抜く上での強みになります。

転換点はその価格までチャートが伸びた際に反転する点です。

フィボで転換点を求めるとその値まで価格が上昇もしくは下降すると勘違いする人がいますが、この手法は求めた値まで価格が伸びると反転する確率が極めて高いことを利用して逆張りを狙うものです。

そのため、求めたターゲット価格までチャートが上昇、下降するものではありませんので、注意してください。

ラインは髭から髭へ引くこと

フィボナッチを引く際にローソク足の実態部分から引く人とヒゲから引く人がいます。こちらで紹介している手法は必ずヒゲから引いてください。

転換点でのトレードタイミング

フィボナッチで相場の転換点となる価格が分かっても、その価格でいきなり売買はせず、最初は見逃して、もう一度高値、安値を付けてきた際に売買すると、フィボの使い方があっていることが事前に確認できますし、トレードの成功率が上がると思います。

価格がフィボの始点を超えて逆行した場合、ターゲットは白紙になります。

価格がフィボの始点を超えて逆行すると、ターゲットの想定は一旦白紙になります。再度、新しい始点からターゲットを推定します。

フィボで推定した高値・安値を超えずに反転した場合、チャートを左にずらして
過去の動きを見てください。
直近の高値・安値が反転した価格帯にありませんか?
この場合、ダブルボトム、ダブルトップで逆方向へ向かうことになりますので、
再度ターゲット価格の推定を行います。

応用編

転換点とは当面の相場の天井、底のことで、見る時間足によって天井、底を付ける途中の踊り場となる価格は異なります。

トレードする時間足にもよりますが、数週間単位での天底を知りたいなら、最低でも4時間足での確認が必要になりますし、2、3日間の間の天底を知りたいなら15分足での確認で十分です。

自分のトレードする時間足に合わせて、転換点、天井、底を見つけてみてください。

経験上、数日、数週間の比較的大きな相場だと今回ご紹介したフィボ61.8%が有効なことが多いですが、同じ考え方でフィボ50%、フィボ76・4%でも価格を推定することが可能です。フィボ50%は相場の初期、小さい1日で終わる相場の波で観測されることが多いと思います。

フィボ76・4%もよく見ますが、1時間足で急騰、急落した場合に高値、安値を付けることが多いです。経験的に相場の大底、天井を捉えるのは、フィボ61.8%が多いため、私のお勧めはフィボ61.8%です。数週間に渡る相場の終着点を捉えて、逆張りすることで大きな利益が見込めます。

最後に

フィボナッチは使い慣れるまで十分に訓練してください。

FXトレードはチャートを見た瞬間に上か下かを当てようとしていると、いつまで経っても勝つのは難しいです。

また、自分が売買する根拠をしっかりと自信をもって説明できないと、逆行するんじゃないかと不安になり、例えFX相場の方向があっていたとしても、微益で決済してしまい、儲かりません。

中途半端な価格で売買せずに、フィボナッチが示す値で売買すると決めてトレードすると、勝率が上がります利益額も大きくなります

ぜひこの手法を使いこなして勝ち組トレーダーになっていただきたいです。ただ、フィボナッチで価格を推定するやり方は簡単ですが、自信が持てるまで訓練はしてください。訓練して自信をもって使えるようになって初めて大きな利益を上げることができます。自分の判断があっているのか不安なままでトレードしても微益で利益を確定してしまい、コツコツドカーンになる可能性もあります。

訓練して経験を積んで、大きな利益を獲得されることを期待しています。

フィボナッチはスマホアプリでも使えるので、外出先で相場の高値、底を予測してトレードするのに最適です。

何に対してもですが、訓練は必要です。今回ご紹介したフィボナッチ・リトレースメントで相場の天井、底をとらえる方法も話を聞くだけだと簡単に思えます。正直、何度も使っている私にはそれほど難しくありませんが、初心者の方はどこを始点として、どこを終点としてフィボを引けばいいのか迷うケースも出てくると思います。

迷ったら取引しないが基本ですが、何度も何度も繰り返し訓練することでフィボの引き方がうまくなります。毎日練習していただきたいです

フィボナッチは昔はパソコン用のチャートソフトでしか利用できなかったですが、最近はスマホ向けアプリでも使えるものが増えてきました。

私が利用しているのは、GMOクリック証券ですが、画面をタップして簡単にフィボナッチが引けます。全世界で取引高NO1なので、指標発表時にもレートの急変がほぼない(私の経験談)とシステムが本当に安定しているので、人に聞かれたらおすすめしています。

フィボを使えるスマホアプリをお探しなら、GMOクリック証券を使ってみてはどうでしょうか?こちらから申し込むことができます。

GMOクリック証券スマホアプリを使ったフィボナッチ・リトレースメントの使い方

今回の説明でも使ったGMOクリック証券のスマホ向けアプリの使い方を説明しておきます。

GMOクリック証券に申し込まれていない方は、こちらから申し込みできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする