私がGMOクリック証券を使う理由

GMOクリック証券トップ画面 GMOクリック証券の一番の特徴は、スマホアプリの性能の高さです。 スマホアプリで、パソコンと同じ相場分析ができるのは私の知る限り、GMOクリック証券しかありません。 記事を書いている時点で使える全てのスマホアプリを試しているので、恐らく間違いないだろうと思います。
FXではテクニカル分析が重要です。私はテクニカル分析を駆使して、ひと月で20万円を120万円にしたことがあります。(つまり、月100万円の利益) こちらではその経験を活かし、GMOクリック証券を使った勝てるテクニカル分析について、説明します。

GMOクリック証券を使った勝てるテクニカル分析

あなたはFXトレードを行う場合、買うか、売るか、どのように判断していますか? 何となく上がりそうだ、何となく評論家が上がりそうだといっている、そんな理由で適当に売買していませんか?
そのようなトレードだと1度、2度、勝てたとしても継続的に収益を上げることはできません。
偶然の勝ちからは、次につながる経験やノウハウが蓄積できないのです。
株と違い、FXトレードで勝つためには、テクニカル分析をしっかり行う必要があります。

私はテクニカル分析では、単純移動平均(SMA)、指数移動平均(EMA)、一目均衡表の雲を利用しています。これらのテクニカル分析手法は、世界中のトレーダーが利用しています。 そのため、これらの多くのトレーダーから注目されている移動平均線等に値が近づくと値が反発する、特徴があります。

こちらのポンド円1時間足チャートを見てください。
少し濃い青色のラインで相場が反転しているのを確認できるでしょうか?
このラインは24日の単純平均移動線を表示したものです。
単純移動平均線を知らない方のために説明すると、指定した間隔(=α)の間にあるローソク足の終値を足したものをαで割った平均値になります。 一般的に移動平均線と呼ばれるものです。

しかし、不思議に思うかもしれません。 何故、24日の単純移動平均線で値が反発するのでしょうか?
それは、このラインを重要と考え、このラインまで落ちてきたら買おうと思っているトレーダーが世界中にたくさんいるからです。 そのため、何度もこのラインで反発しているのです。
FXでトレードするには、FXの世界のルールを知る必要があります。
GMOクリック証券を使ったトレード手法(勝ち方)

続いて、ポンド円の日足チャートです。 図中の緑色のラインは100日の単純平均移動線を表示したものです。このラインは切りが良いため、欧米の投資家も好んで利用します。
このチャートを見て、あなたならどう対応しますか?
GMOクリック証券を使ったトレード手法(勝ち方)

テクニカル分析が有効な事例を説明しましたが、ここで分析に必要なテクニカル指標を整理しておきます。 これらを一つの画面で表示することができるのが、GMOクリック証券だけです。

■単純移動平均(SMA):24日、55日、100日
■指数移動平均(EMA):12日
■一目均衡表の雲

先ほどのポンド円の日足チャートで、100日の単純移動平均線で一度、値が反発しています。
その後、再度100日の単純移動平均線に値が落ちてきているところですが、ここは一目均衡表の雲下限でもあります。 雲の上限、下限は値が反発しやすいことで知られています。
そのため、現在の値位置は値が反発しやすいといえるでしょう。

テクニカル分析はチャートを継続的に眺め、経験を積む必要があります。
もし、勘に頼ったトレードを行っているのなら、勝率を上げるためにテクニカル分析を勉強してみませんか?

トレードで利用しているFX業者の紹介

GMOクリック証券

GMOクリック証券

簡単操作・高機能な取引ツール!

相場分析を加速する、他社では
体験できない高機能な取引ツール

米ドル円0.3銭。14通貨ペア全てで驚きの低スプレッドを実現

クイック入金・オンライン出金手数料が無料!

今なら口座開設+取引で5,000円キャッシュバック!

FX基本情報&主要通貨スプレッド

取り扱い単位 通貨ペア 手数料 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
10,000通貨 14ペア 無料 0.3銭 原則固定 0.7銭原則固定 1.2銭原則固定 0.8銭原則固定 0.6pips原則固定

今すぐ公式サイトをチェック

↑ ページの上部へ

大阪で働く妻子持ちのサラリーマンです。本業で働く会社では入社以来、3度の賃下げにあい何とか自由になるお金を増やしたいと副業を始めました。 詳しくはこちら